日常を語ったり、読んだ書物を語ったり、ぼちぼち文を書いたりして遊ぶ現実逃避ブログ。頭は中学二年生で止まってます。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
OUT, OUT, BLIGHT CANDLE.
2009-09-05 Sat 16:35
鬱鬱もの注意。思いつめるとどこまでも思いつめるのが私の性。
 私は何を望むのでしょう。将来だなんて遠いこと、私には予想がつこうはずも無く。むしろ若くしてぷつりと道が途切れ地の奈落まで真っ逆さま、そして永劫出られぬ業火に焼け爛れそうな気さえしてしまう。私は己が有罪者なのかすら判らないほど白痴だから、断罪されるべきなのかすら判らない。私は愚かなのです。愚か愚か愚か愚か!愚者は愚者らしく馬鹿みたいに低劣に笑う他無い。誰の役にもたてぬ私など、人様に迷惑しか掛けれぬ私など。友好的に接したくも誤り空振り、誤解を招く態度しかとれぬ私など。上っ面の笑みしか浮かべられない私など。人の目を気にして愚かしく振る舞う私など。たまにさも偉そげに、インテリゲンチャを気取る私など。仕舞いには自らの殻の中に閉じ籠り、優しき人々の手を振り払い睨み据えてしまう私など。結局己が可愛いのだ。そして同時に憎んでもいる。たくさんの娯楽と共に地の深くで誰とも会わず閉じ籠りたい。ならば誰にも危害を与えずに済むでしょう。不快にさせないで済むでしょう。そうして私は永劫孤独なのだろう。それは自発的であり他発的でもある。私に免罪符を与えられることは永劫無いのだ。
 私は何が愛しいのだろう。愛しいものなど持てやしない。持とうとしても、指に生えた鋭く醜い爪がずたずたに壊してしまう、そんな私にどうしろと。
 私は何を探せば良い。私は何を目指せば良い。何を道標に、生きれば良いのだ。何も解らない。解らない私は、解らずに慌てふためく私はきっと不快な生き物、



…とか携帯にまるで遺書みたいに打ち続けていたのですが、メールで文通するには何カ月かばかり久しい人からメールが来て(お昼頃に大學だか家だか知らないがメールを送った貴女!)、一気にハピネス状態になってしまいどうでも良くなってしまった代物。自分の単純さに合掌。さっきまで凄い鬱々していたのにね…。


スポンサーサイト
別窓 | 鬱な話 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<薔薇殺し | Lease Drama | 秋の月、うたかた。>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| Lease Drama |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。